日本語版「プロンプターソフトウェア」がVer.4.0にバージョンアップいたしました。Prompter Pro4.0は皆様からのご意見ご要望を取り入れ、操作感覚はそのままに新たな機能が追加されています。

ワープロ感覚でデータが制作でき操作が簡単。
もちろん入力済みのテキストデータがあれば簡単にインポート出来ます。
とっさの対応も可能な「ディレクション機能」など、便利な機能を搭載しています。
また、バージョン4.0からUnicodeに対応しましたので英語版OSのパソコンでの使用など多国言語にも対応いたしました。

テレビ制作現場で生まれ、生番組という過酷な条件のもとで育てられたページワンのプロンプターソフトウエアは使いやすく信頼性も抜群です。
しかも、プロンプターを使用するにあたって、オペレーションスタッフの心配は無用です。ワープロが使用できれば短時間で貴方もすぐにプロンプターソフト「Prompter Pro4.0」のオペレーターになれることをお約束いたします。
セキュリティーキーが接続されていなくても編集モードを実行できるようになりました。
この機能により複数台のPCで編集作業が可能になりました。
編集モードにプレビュー機能が追加されました。
表示モードでどのように表示されるかがリアルタイムに確認できるようになりました。

表示モードのダイレクトパネルに経過時間と表示に必要な時間が表示されるようになりました。
  経過時間・表示に必要な時間。
スクロールモードの場合、 経過時間と表示に必要な時間が表示されます。
ブロック分割モードでは、経過時間と現在表示中のブロック全体を表示するのに必要な時間が表示されます。
 
ブロック連結モードでは、経過時間とプロンプト全体を表示するのに必要な時間が表示されます。
 
スクロールスピードの微調整を行うと、ブロックタイム、トータルタイムが変化します。
経過時間は、スクロールを開始するとカウントが始まります。
スクロールモードにオートカウントダウンが追加されました。
いわゆるキュー出しが自動化できます。
 
本番前のカウントダウン(いわゆる「キュー出し」)が行われ、カウント終了後自動的にスクロールが開始します。
スクロールモードに早送り機能が追加されました。
リハーサル時、出演者からの表示位置変更のリクエストに短時間で答えることができます。
  → 押す度に現在のスピードに対して一段階ずつ倍率が上がります。
← 押す度に現在のスピードに対して一段階ずつ倍率が下がります。
ダイレクトスクロールスピードが拡張されました。
それぞれのショートカットキーに現在設定されているスクロールスピードを記録できるようになりました。リハーサル時に複数の出演者毎に最適なスピードを記録しておけば、本番時にワンタッチで設定できるようになりました。
ダイレクトエディットパネル上に、ダイレクトカウントダウンを追加しました。
表示モード時、簡単にカウントダウンを実行できるようになりました。
 
ダイレクトパネルが表示されていなければ、Ctrl+スペース で表示させます。 ダイレクトカウントダウンボックスをクリックし、カウントダウン時間を選びます。
カウントダウンが開始され、カウントダウン中は選択した時間が表示されます。
プロンプターの内容をブロック単位で印刷ができるようになりました。
原稿チェックやレイアウトの確認が紙ベースでも可能になりとても便利です。

表示モードにタッチパネルで操作できるタブレットモードが追加されました。
タブレットPCでキーボードなしでの運用が可能になりました。タブレットPCでの操作に特化した表示モードです

画面上部をタップすると、ポーズ状態となりコマンドパネルが表示されます。
もう一度タップすると、ポーズが解除されコマンドパネルが消えます
画面下部をタップすると、ナビゲーションパネルが表示されます。
スクロールスピード調整やブロック戻し、ブロック送りが可能です。
 
海外では、記者会見や講演など大勢の人の前で話しをする場合「スピーチプロンプター」を使用することが一般的ですが、日本では「大がかりで使い勝手が悪い…」、「コストパフォーマンスが悪い…」などの理由でニーズがあるにも関わらず、これまで一般的ではありませんでした。
弊社がが販売するプロンプターシステムは、これらの問題を全て解決した画期的なシステムです。 現在までに、テレビ局をはじめ、映像・舞台・イベント制作会社、結婚式場、ホテル、コンベンションホールや研修施設、一般企業、官公庁…など、一般有名企業700社以上が既に導入しております。

15年以上の実績を持つ「使い勝手が良く、信頼性の高い」日本語版スピーチ・プロンプターソフト『Prompter Pro 4.0』と、高品質な投影用ハーフミラー『Prompter-HM』をセットにし、しかも、価格は、従来の輸入品と比べて半額以下という業界最安値の価格を実現しました。

プロンプターサービスのご案内
舞台裏のプロンプターシステム
客席に設置したTVモニター
ホール等で収録が行われているテレビ制作現場では(NHK歌謡コンサートやBS日本のうた)、ホールのステージ前方に大型の TVモニター(37インチ)を左右に二台設置して、ステージ上では、歌手の方が前方に置かれたTVモニターに写されたプロンプターの歌詞やナレーションを見てステージを進行しております。
S